こだわりの一品

天然の真鯛と旬のお野菜を用いた炊き込み御飯
天然の真鯛と旬のお野菜を用いた炊き込み御飯
天然の真鯛と旬のお野菜を用いた炊き込み御飯
天然の真鯛と旬のお野菜を用いた炊き込み御飯

真鯛と旬のお野菜の炊き込み土鍋御飯

味処おおたにでは、お食事の最後に1組様毎に土鍋で炊き上げる「真鯛と旬のお野菜を用いた炊き込み御飯」をお出ししております。

炊き込み御飯は、鯛の骨と昆布のみから丁寧に出汁をとり、その旨味の詰まった出汁でじっくりと炊き上げています。ほぐした鯛の身と旬のお野菜の旨味と風味も閉じ込められ、素材が本来持つ優しい味が楽しめる一品となっており、お野菜は毎月異なりますので、他のお料理同様、日本の四季を感じ取れる炊き込み御飯を味わって頂く事ができます。

使用するお米は、長野県の中央部に位置する深緑と清流の大自然に囲まれた、佐久市産のコシヒカリを使用しております。
そのお米を炊く土鍋は、地元愛知県瀬戸市で作られる、瀬戸焼きの特注土鍋釜を使用しております。

真鯛と旬のお野菜の炊き込み土鍋御飯は、夜席のみのメニューとなっております。

なめらか胡麻豆腐

なめらか胡麻豆腐

味処おおたにでは、コース料理の中盤に箸休めといたしまして「なめらか胡麻豆腐」をお出ししております。

胡麻煎餅、胡麻クリーム、胡麻豆腐の3種類からなる「なめらか胡麻豆腐」は、すべてを自家製の手作りで仕込みをしており、「炊き込み土鍋御飯」同様、味処おおたにの定番メニューの一品として召し上がって頂いております。

ほのかに甘く香ばしい香りの胡麻煎餅は、丁寧にじっくりと煎って香りを出した胡麻と特製の生地を混ぜ合わせて焼き上げており、程よい苦みのある胡麻クリームは、煮切った日本酒と胡麻ペーストをしっかりと擦り合せて滑らかな舌触りを出し、そして弾力のある胡麻豆腐は、昆布出汁と歴史ある吉野の葛粉、それにすり潰した胡麻を丹念に練り上げて仕上げています。

煎餅の歯ごたえ、クリームの滑らかさ、そして豆腐の弾力、それぞれに異なった風味・食感が楽しむ事ができ、ともすれば和菓子のような存在ともとれる遊び心のある箸休めの一品となっています。